とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

【レビュー】RMK リクイドファンデーション & メイクアップベース

 メイクアップにおいて最重要なのに一番これ!というものを見つけるのが難しいのベースメイク。肌の色や肌質、求めている仕上がりなど100人いれば100通りあるわけで、求めているベースメイクに出会うのはなかなか難しいものがあります。

 

あれでもないこれでもないと、なかなか使い続けたいと思うベースメイクが見つからない中、今まで使用したファンデーションで初めて2本目を購入したRMK リクイドファンデーションと、RMK メイクアップベースをレビューします。

 

f:id:anthy_p:20161029224612j:plain

 

RMKナチュラルメイクの原点とも言える、リクイドタイプのファンデーション。薄づきなのに適度なカバー力があり、素肌よりも素肌らしい、いきいきとしたツヤと透明感を生みだします。少量でもぐんぐんのびて、つけていることを感じさせないくらい軽やかにフィット。化粧くずれしにくいウォータープルーフタイプです。

(公式より)

 

口コミがとても高評価なファンデーションなので、試しに行こうとRMKのカウンターへ行ったのが当たりでした。

 

正直、化粧品カウンターってリア充なおねえちゃんBAさんばかりで苦手なので、化粧品はほぼ百貨店の通販で購入してしまうのですが、ファンデーションはやっぱりプロに色味を見てもらわないと最悪ゴミ箱行になってしまうほど重要なものなので、こればかりはカウンターでみて頂きます。

 

そこで合わせて頂いた色が、102でした。

 

今までファンデーションは一番明るい色を使用していたので、正直102をおすすめされたときはすこしショックを受けました。当時は色白信仰だったので、ついに私の顔は一番明るいファンデーションにはふさわしくなくない肌になってしまったのか…と。(そもそもそこまで色白ではない)

 

しかし、102を付けて頂いてその仕上がりの完成度に感動しました。

今まで納得のいくファンデーションがなくいろいろ使ってきましたが、もしかして明るすぎる色を使いすぎていて無自覚な違和感を覚えていたのではないのかな、と。

あの時102を進めてくださったBAさんには目から鱗を落としてもらえたこと、とても感謝しています。

 

使用感

まず、無臭です。(大事)SPF14 PA++の、薄付き・ナチュラルメイクが好きな方向きのファンデーションです。

 

ツヤ感がありますが、素肌っぽいいやらしくない自然なものです。カバーしたいところに重ねて塗っても、厚ぼったくならないところも好感。

 

薄付きなのですが、毛穴はちゃんと隠してくれ、軽度の青クマ程度ならコンシーラーなしで十分のカバー力があります。大きくなってしまった赤ニキビは隠しきれません。あれも隠したいこれも隠したい、という方にはコンシーラー必須です。

 

そして、付け心地が軽い

ドラッグストアコスメのベースメイクとデパートコスメのベースメイクを比較したときに一番わかりやすいのが、付け心地の軽さだと思っています。(今はドラッグストアコスメも進化しているのでしょうか)

 

RMKのリクイドファンデーションは、付けていて気持ち悪さがなく、とても軽い付け心地。そして、一日化粧をしていても、ニキビができないところがありがたい。一時期シャネルのヴィタルミエールアクアを使用していた時は、使用するたびに白ニキビが1つできてしまっていました。若かったからか…?

 

モチも良いです。今夏は炎天下に外を歩き回ることをよくやりましたが、崩れにくいです。いや、崩れているのでしょうが、全然気になりません。

汗をかくとツヤツヤさが増してきます。それをテカりと取るのかツヤと取るのかは感性によりますが、汗だくになっても汚くテカテカしない点がありがたい。

私は化粧直しというと口紅を塗りなおすことくらいしかめんどくさくてしないので、この崩れにくさは大変気に入っています。

 

「メイクアップベース」については正直よくわかりません。

個人的には、ベースとファンデーションは同ラインのものを使うことが最善と考えているので特に深く考えずにお揃いで使用しています。

 

使い方

私のベースメイクアップのルーティンは、

①洗顔、スキンケア

②日焼け止め

③RMK メイクアップベース

④RMK リクイドファンデーション

⑤ローラメルシエ ルースセッティングパウダー

 

f:id:anthy_p:20170310224635j:plain

リクイドファンデーション 102。伸びがいいので、手で塗る場合はこれくらいの量で1回分

 

f:id:anthy_p:20170310224649j:plain

メイクアップベース。肌色補正とかはありません

 

 

ファンデーションとベースは使用する前によく振ります。特にファンデーションは色がかなり分離しているのでしっかり振ります。

 

ベースとファンデーションはスポンジで塗ると、かんたんきれいに仕上がります。

大事な日には、皮脂の出やすいTゾーンやその周辺には「RMK スムージングスティック」を使用しています。おまじない程度の気持ちで。

 

youtu.be

RMK公式によるテクニックレッスン。動画では手で付けています

 

総評

とても気に入っています。容器をのぞいて

プッシュ式ではないので、容器を傾けて少しずつ出して…あぁ出しすぎた!ということも慣れないうちは多々ありました。

単純に疑問なのですが、あの容器は需要があるんですかね?あの容器によって低価格が実現できているとか?なら、瓶ではなくプラスチック容器のほうが安くつくのでは…。

◆2017.3.10 より容器がポンプ式にリニューアルしました◆

 

◆2017.3.18 追記◆

最近使用していて感じるようになったのですが、こちらのファンデーションは基本的にある程度肌状態が良い人向けだと思います。

肌が乾燥している時、このファンデーションを載せることで肌がより荒く乾燥して見え、しかも乾燥している部分の崩れ方がまだらで汚いです。

夏の油分が豊富な時期は気になりませんでしたが、乾燥肌の方がこのファンデーションを使用する際は、しっかり保湿して対策することをオススメします。

 

 

定価 4,644円(ファンデーション)、3,780円(ベース)

全成分

●RMK リクイドファンデーション

101,102,103,104,105,Coffee Brown

配合成分:水・シクロメチコン・エタノール・フェニルトリメチコン・メトキシケイヒ酸オクチル・シルクエキス・シア脂・卵黄油・イソステアリン酸ソルビタン・ジメチコンコポリオール・リンゴ酸ジイソステアリル・硫酸マグネシウム・ジブチルヒドロキシトルエン・パラベン、 [+/-]タルク・シルク・マイカ・ラウロイルリシン・酸化チタン・酸化鉄

●RMK メイクアップベース

配合成分:水・シクロメチコン・エタノール・フェニルトリメチコン・メトキシケイヒ酸オクチル・シルクエキス・シア脂・卵黄油・イソステアリン酸ソルビタン・ジメチコンコポリオール・メントキシプロパンジオール・硫酸マグネシウム・ジブチルヒドロキシトルエン・パラベン、 [+/-]アルミナ・シルク・タルク・マイカ・酸化チタン・酸化鉄