とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

ダブリン滞在1年間のアイルランド備忘録

アイルランドのダブリンに約一年間語学留学していた時のことを、備忘録として書き綴りたいと思います。

 

f:id:anthy_p:20160830183117j:plain

 なかなかない天気のいい日のサイクリングは格別でした。(バスに轢かれそうになりながら)

 

今までありがたいことに12か国を訪れる機会がありました(ほぼお一人様)。どの国も私にとって新鮮で、あらゆることが数年前のものでも割りと鮮明に記憶に残っています。

 中でもアイルランドでの1年間の滞在では、1週間や2週間の旅行では見えてこない様々なことを見て感じることができました。

私の視点から、アイルランドに住んでみた感想や、知っておくと便利な情報を綴ってみます

 

ごみが多い

あの、これはヨーロッパを訪れたことがある人なら誰でも持つ感想だと思うのですが、日本のように道がごみで汚れていない国って、そうそう多くないと思います。

特にたばこの吸い殻がすごい。海外はたばこは税金が高くとても高いですが、かといって喫煙者が少ないのかと言われればそんなことはなく、道は吸い殻だらけ

 

歩きたばこなんかも当たり前で、前の人が吸っている煙が後ろを歩いている私の顔に降り注ぐなんてことは道を歩いていれば毎度のことでした。ベビーカーを押しているお母さんもたばこぷかぷか。

道端にパンの耳やバナナなんて当たり前、ギネスのジョッキが割れていたり、いろいろなバリエーションのゴミを見ることができます!

 

歩行者信号はあってないようなもの

歩行者は、信号が赤でもバンバン渡ります。

もちろん、右見て左見て安全確認してからです。日本では車が来ていなかろうが、赤なら赤で渡らない人が多いと思います。でも、ダブリナーは赤でも車が来てなけりゃいいじゃん!と言わんばかり。車もそういう歩行者があたりまえなので、よっぽどのことが起こらないとクラクションを鳴らさないくらい寛大です。

ちなみに、現地警察(GARDA)も赤信号で横断歩道を渡ります

 

 物価

高いです。税率が高いのと、私が現地にいた頃は今と違って1ユーロ140円程だったので、洗濯洗剤は30回分が1,000円とか、卵は6個入りで300円とか、結構とんでもなかったです。

私は最初の一か月以外はフラットシェアをしたので、治安がいい地域にフラットを借りたのですが、レントは月800ユーロ超。日本円にすると10万円以上と、日本ではかなりいいアパートが借りられるくらいの賃料でしたが、女性2人とシェアでした。アイルランドの全人口の3分の1がダブリンに集結している事に加え、語学留学先としてホットらしいので、賃料が高騰しているのかなと思いました。

 

PENNY'Sとかの格安衣料店が人気だったり、子育て世代は託児施設の保育料が高額だったりするため移民労働者のシッターを雇ったりとか、現地の人も生活が大変そうな印象でした。

 

そんな中、こんなニュースが…。

IT企業で景気が潤うアイルランドですが、この一件でこれから大丈夫かと心配です(と賢い友人が言っていました)。

 

愚痴みたいなことばっかり書いていますが、もちろんいいこともあります!

 

意外と飯がうまい

最初にホームステイしたところで頂いていたご飯は、「あ、さすがイギリスのお隣の国。飯がまずいわ」と思ったものですが(マッシュドポテトとマッシュドにんじんとマッシュドグリーンピースとぱさぱさしたよくわからない肉の盛り合わせが多かった)、レストランとかで食べると普通においしいです。

北米と違ってチップもいらないので、外食費が比較的そこまでかかりませんでした。なるべく自炊していましたが。

 

手軽で安くて美味しいのがブリトーです。学割がきくお店もあります。Boojumというお店が、学割も効くし味も良いのでおすすめです。ここは何度も通いましたが、昼時は行列になっています。

 

 

日本食が恋しくなっても日本食レストランは高すぎて腹が立ったので一度も行きませんでした。

日本食は外国に行くとだいたいどこでも高級です。それに比べると、ベトナム料理やタイ料理は比較的安価なレストランが多いのでおすすめ。

 

www.toranosu.net

www.toranosu.net

 

 最低限の日本食材は手に入る

アジアの食品を取り扱うスーパーがあります(日系のアジアンマーケットはありませんでした)。有名どころで2店がシティセンター付近にあり、よく通いました。

冷凍納豆とか、紙パック入りの豆腐とか、キッコーマンの醤油とかめんつゆとかソースは手に入ります。

調理酒やみりん、まともな鰹節や国産の海苔などは見かけなかったので、自炊する人はそういうのを持っていくといいと思います。ドイツ産の冷凍タコ(切り身)も売っていたり…。

 

アイルランドで一般的な魚はタラです。なので、お米(うまいお米は売っていません)とだしと卵があればタラの雑炊が作れました。

私は、Amazon UKでハリオの土鍋と、ガスコンロを購入してお米を炊いていました。電圧対応した炊飯器は高いし、対応していない炊飯器を買おうと思うと変圧器が必要だったので...。あまりおいしくないお米も、土鍋で炊くとそこそこおいしかったです。

 

f:id:anthy_p:20160830183352j:plain

ピーーー!と鳴るので、夜勤で眠っていたシェアメイトに気をつけながら炊飯

 

 

日本から持って行った乾燥ホタテは大活躍でした。おやつでもおいしいし、一晩水につけてだしを出して、ホタテの炊き込みご飯にしたり。これから留学に行かれる方にとてもおすすめしたいアイテムです。あとはパックだしはめちゃくちゃ便利です。これがあれば海外でも料理の幅が広がりまくるので、必需品だと思います。お漬物が食べたくなったので、浅漬けの素とかもいいかもしれません。アイルランドで昆布を買うと高いですので!

 

ポーランド系スーパー「POLONEZ」に行けばちょっと小さめの白菜も売っています。普通のスーパーには薄切りベーコンしか売っていないので、厚切りが欲しいときはポーランド系スーパーで量り売りしてもらうとチャーハンだって作れます。ポーランド系スーパーは意外と宝の山なので、チェックすると食生活が潤うでしょう。

 

水道水は一応飲める

水道水が飲める国ってめちゃくちゃ少ないらしいです。そのなかの一つがアイルランドです。

シェアメイトはケトルで水道水を沸かして飲んでいました。

ある日フラットのビル全体が水道工事になったときは、水道から茶褐色の水が大量に出てきて水道水は飲むまいと思ったものですが、一応飲めます。やっぱりちょっと変な味は感じますが(ちょっと飲んだ)。

私はスーパーのプライベートブランドの安い水を買って飲んでいました。SuperValuというスーパーはプライベートブランドの商品が充実しているのでおすすめです。

 

  

長くなったので、パート2へ続く!

www.toranosu.net