とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

【レビュー】ポーラチョイス スキン・リカバリー・ライト・マスク

 だんだんと寒くなってきて、これから肌の大敵乾燥の季節が到来しますね。

 

ポーラチョイスの主要ラインで超乾燥~乾燥肌向けの「スキンリカバリーシステム」の中では最新商品の「スキン・リカバリー・ライト・マスク」

ライトじゃない「スキン・リカバリー・マスク」もあるのですが、以前それを使用して一発で顔の粉ふきが治ってから、乾燥肌にはリカバリーシステムにはかなり信頼を置いています。

 

ポーラチョイスのBEST8商品入りだったりします。

 

f:id:anthy_p:20161029215045j:plain

 

機能と効果

保湿力が高く、肌を鎮静します。
肌の角質を抑えてなめらかで潤う肌を作ります。
抗酸化効果の高いビタミン成分が豊富に配合されています。
肌の赤みと炎症を抑えます。
肌の奥まで栄養を届けて健康な肌を作ります。
肌の乾燥を改善して化粧ノリを良くします。

(公式より)

 

乾燥肌用集中トリートメントです。

保湿成分として、植物性オイル(ボリジシードオイル、月見草オイル、オリーブオイル、アプリコットオイル)、抗酸化成分としてビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが配合されています。

 

使い方と使用感

におい

香料無添加です。

 

使い方

普通にパックとして使用する場合、洗顔後の清潔な顔(口周り、目周り含む)にのせ、15分から20分おいた後洗い流します。

洗い流さずにモイスチャライザーとして使用する場合は、乳液や美容液代わりに使用します。この場合、つけすぎ注意。

 

私は、夜に使用することをおすすめします。これ1本でかなりの保湿力があるので、朝お化粧前に使用してしまうと崩れやすくテカりやすくなるからです。

寝ながらケアの要領で使用する商品ですね。これを塗ると、他にごちゃごちゃスキンケアせずとも1本で済みます。

 

使用感

テクスチャは軽いクリーム状です。

 

f:id:anthy_p:20161009121030j:plain

 

スキン・リカバリー・マスクと比較すると、ライト・マスクの方はライトというだけあって付け心地が軽いです。

また、スキン・リカバリー・マスクは夜使用して朝起きると顔が油田のようになっていることもあったり、肌に油分がかなり補われて過剰!ということもありましたが、ライト・マスクの方はその点ほどよい仕上がりになっています。

基本的にどちらも、冬用かと思います。夏は怖かったので使用しませんでした。

 

総評

おでこや口周りの乾燥による粉ふきで悩んでいた時に、スキン・リカバリー・マスクを使用したら一発で改善したので、感動しました。

しかし、同時期にポーラチョイスの複数の商品を使い始めたので、これが一番効いた!と断言はできないのですが…。

恐らく乾燥肌向けをうたっているこの商品の功績が一番大きかったのではないかなと感じております。

 

でもやはり、ちょっと油分が過剰な感じが否定できなかったため、姉妹品のライト・マスクの方が登場したときは飛びつきました。保湿力はキープしながら、より軽い使い心地とのことだったので、待ってました!という気持ち。結果、購入して正解でした。

 

スキン・リカバリー・マスクは、リッチな保湿と肌ダメージ回復

スキン・リカバリー・ライト・マスクは、みずみずしく潤う肌を作り、肌荒れを鎮静します。

どちらも乾燥肌にテキメンなので、お好みで使い分けると良いでしょう。

 

ともあれ、顔の粉ふきに悩む方すべてに教えてあげたい商品です。

 

 

定価 3,700円

全成分

水、ジ(カプリル/カプリン酸)PG、ブチレングリコール、ジカプリリルエーテル、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、マカデミアナッツ脂肪酸エチル(、セテアリルアルコール、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ボラージ油、月見草油、オリーブ油、アンズ核油、ヒアルロン酸Na、酢酸トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パルミチン酸アスコルビル、トリ(カプリル/カプリリン酸)グリセリル、ダイズステロール、リノール酸、トコフェロール、リン脂質、ジラウラミドグルタミドリシンNa、カプリリルグリコール、セテアリルグルコシド、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7、カルボマー、AMP、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール