とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

【レビュー】CeraVe Hydrating Cleanser & Foaming Facial Cleanser

私が最近ハマっているスキンケアブランド CeraVe から、クレンザー2種類の紹介です。

 

www.cerave.com

 

写真左が普通〜乾燥肌向けハイドレイティングクレンザー、右が普通〜脂性肌向けフォーミングフェイシャルクレンザーです。

 

f:id:anthy_p:20170618114352j:plain

 

CeraVeはYouTubeの動画で存在を知り、iHerbでの取り扱いがあることから使い始めたのですが、皮膚科と共同開発という安心感と、大容量なのに安価なところ、成分が良い(らしい)というところがとても気に入っています。

 

youtu.be

 

この動画では、プロメイクアップアーティストのLisa Eldridgeが、オイリー肌・10代の皮脂が多い人にCeraVeのフォーミングクレンザーをおすすめしています。ヒアルロン酸とグリセリンが配合されているので、オイリー肌用のクレンザーであってもつっぱり感を残さず皮脂を落としてくれるとのこと。

 

 

youtu.be

 

こちらの動画のJoannaは、朝のスキンケアルーティンとしてハイドレイティングクレンザーを紹介しています。その他のYouTuberの動画でもハイドレイティングクレンザーを紹介しているものをみるので、人気があるようです。

彼女は「みなさんは自分が使っている洗顔のpHレベルを知っていますか」と言っています。私は知りませんでした(半ギレ)。

私たちの肌のpHレベルは4.5〜5.5だそうです。pHレベルは0〜14まであり、7が中性、0に近いほど酸性、14に近いほどアルカリ性の性質が強くなります。

洗顔料は肌のpHレベルに近いものが良いらしく、こちらのハイドレイティングクレンザーのpHレベルは5で、肌のpHレベルと同じです。

 

機能と効果

どちらもセラミドヒアルロン酸が配合されていて、ノンコメドジェニックです。

ハイドレイティングクレンザーは普通〜乾燥肌向けの泡立たない洗顔で、MVE(MultiVesicular Emulsion)デリバリーテクノロジーにより保湿が一日持続します。

フォーミングクレンザーは普通〜脂性肌向けのほんの少し泡立つ洗顔で、ナイアシンアミドが配合されています。

どちらのクレンザーも肌本来の保護機能を維持・修復を手助けしてくれます。

 

使い方と使用感

におい

香料無添加です。

 

使い方

朝晩どちらでも使えます。

私自身は、朝にハイドレイティングクレンザー、夜にフォーミングクレンザーを使用しています。

1〜3プッシュを手に取り、円を描くようにやさしくマッサージして、ぬるま湯ですすぎます。

 

使用感

f:id:anthy_p:20170618115441j:plain

 

ハイドレイティングクレンザー(上写真)は、リッチな乳液状で、一般的に持っている洗顔料の概念が通用しない感じ。乳液で肌を洗っているような気持ちになります。肌に乗せると、まるでオイルを塗っているようなすべり感と滑らかさを感じます。

泡立てる必要がないので、2〜3ポンプを濡れた肌にそのままのせて、マッサージしながら洗顔すると気持ちがいいです。しかも素早く洗い流せるので、時間がない朝にピッタリです。

 

洗い上がりは、保湿感が残ったような感じがします。「は〜!顔洗った〜!」というさっぱりすっきり爽快感が好きな人は物足りないでしょう。寝ている間の汚れを落とすだけなら、これくらいの洗浄力で十分だと思います。程よい保湿を残してくれるので、まったくツッパリ感がなく、肌に優しいです。

朝保湿をしっかりしても、夜には乾燥してしまうなんていう人におすすめしたい洗顔料です。

 

ちなみに、日焼け止めやファンデーションは全然落とせません!別口でメイク落としを利用しましょう。

 

 

f:id:anthy_p:20170618115440j:plain

 

フォーミングフェイシャルクレンザー(上写真)は、完全に透明で、重たいゲルのようなテクスチャです。

 

f:id:anthy_p:20170618115439j:plain

 

泡立てるとこのような仕上がりになります。フォーミングといっても、モコモコと泡立つわけではなく、なんとなーく軽い泡ができます。ホイップみたいな泡は絶対にできませんので、あしからず。

 

こちらは夜用の洗顔として使用しています。理由は、夜の方が日焼け止めやメイクで肌が汚れているため、洗浄力の強いものでさっぱりしたいからです。

2〜3プッシュを手に取り、簡単に泡立てて顔全体を洗います。洗い上がりはさっぱりしているのですが、過剰に皮脂が取られるような感じはありません。確かにハイドレイティングより洗浄力が高い使用感ですが、私のような乾燥肌の人間が使用しても乾燥が悪化したり、肌がつっぱったりすることもなく、マイルドな洗い上がりです。

 

どちらのクレンザーも刺激がなく、変なクセもなく、非常に使いやすい洗顔料です。

ただ、なぜかフォーミングクレンザーのほうが、残量僅かになるとゲル状からシャバシャバした液状に変化します。なぜ?誰かが水で希釈したのかと疑うレベルで液質が変わります。2本中2本そうなりました。

 

総評

まず声を大にして言いたいのが、355ml入りで1,838円というお手頃さ。しかもiHerbでは大体割引になっているので、1,500円くらいで購入できます。

ボトルは大きいのですが、長方形のスリムタイプなので、円柱形のボトルのようにかさばりません。ポンプ式というのも大変使いやすいです。

 

刺激がない点も高評価。私はどうやら唇の外周?の皮膚が弱いらしく、体調が悪いとヘルペスができたり、唐揚げを食べたら荒れたり、塩気の多いものを食べたら荒れたり、合わない洗顔料を使用したら痒くなったりなど、問題が多発する部位なのですが、こちらのクレンザーを使用していてそのような問題は全くありません。

ただ、小鼻の皮膚が弱っているところ(おそらく角質ケアのやりすぎが原因)だけは、ハイドレインティングクレンザーが僅かにしみました。こちらは、角質ケアを休止してからしみなくなりました。

 

次はどの洗顔料を買おうかなと探している方、ぜひぜひ試してみてください。

これからもこの二つを朝晩と愛用していきたいです。

 

 

定価 1,838円

jp.iherb.com

jp.iherb.com

全成分

(ハイドレイティング)

精製水、グリセリン、メントスル酸ベヘントリモニウム、セテアリルアルコール、セラミド3、セラミド6-II、セラミド1、ヒアルロン酸、コレステロール、ポリオキシル40ステアレート、グリセリルモノステアレート、ステアリルアルコール、ポリソルベート20、リン酸カリウム、リン酸ジカリウム、ラウロイル乳酸ナトリウム、セチルアルコール、EDTA二ナトリウム、フィトスフィンゴシン、メチルパラベン、プロピルパラベン、カルボマー、キサンタンガム

(フォーミング)

精製水、コカミドプロピルヒドロキシスルタイン、グリセリン、ラウロイルサルコシネートナトリウム、PEG-150ペンタエリスリチルテトラステアレートおよびPEG-6カプリル酸/カプリン酸グリセリド、ナイアシンアミド、プロピレングリコール、ナトリウムメチルココイルタウレート、セラミド3、セラミド6-II、セラミド1、ヒアルロン酸、コレステロール、塩化ナトリウム、フィトスフィンゴシン 、クエン酸、エデト酸二ナトリウム、二水和物、ラウロイル乳酸ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、カルボマー、キサンタンガム