とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

【レビュー】Blue Lizard Australian Sunscreen Face

以前レビュー記事を上げたBlue Lizard Australian Sunscreenから、今度はFace(顔用)を購入してみたので 、感想を書きたいと思います。

こちらもiHerbで購入できます。

 

f:id:anthy_p:20170701113042j:plain

 

www.toranosu.net

 

こちら、書きたい内容はほぼ上の記事と同じですが、使用感がわずかに異なりました。

 

使用感

SPF30、ブロードスペクトラム(Broad-Spectrum)の日焼け止めです。

 

こちらFace(顔用)なので、オイルフリーノンコメドジェニックかつSensitiveと比較して白浮きしにくい処方になっています。ビタミンE、カフェイン、緑茶エキスが配合されていて、抗酸化作用があり、肌の若返りをサポートしてくれます。

 

Sensitiveはミネラルサンスクリーンですが、Faceはオクティノクセイト5.5%酸化亜鉛8%が有効成分として配合された、ケミカルとミネラル両方を取った日焼け止めですね。紫外線吸収剤が嫌、肌に合わないという方は注意です。

 

ケミカルが入っているので、若干白浮きしにくい印象は、あくまでSensitiveと比較して受けましたが、やはり1.25mlを使おうと思うと、余裕で白浮きします。

が、時間が経てば白浮きは目立たなくなってきます。

 

ちなみに、気になる方は気になるナノかどうかについてですが、Blue Lizardの酸化亜鉛はナノ粒子ではありません。二酸化チタンは、ナノ粒子として分類されますが、両方とも不活性(非反応性)で、コーティングされ、光安定性だということです。いずれも皮膚バリアを貫通するほど小さいものではないと研究結果が出ているようです。

公式のQ&Aに原文が載っていますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

www.bluelizard.net

 

f:id:anthy_p:20170722192259j:plain

 

f:id:anthy_p:20170722192316j:plain

軽く伸ばしたところ

 

白くてプリッとしたテクスチャで、においはありません。

Sensitiveと比較すると、ずるずる感はだいぶ緩和されています。Sensitiveを腕に塗ってデスクワークをすると机がべたべたになってしまいますが、Faceを腕に塗って同じことをしてみても、机はほとんどべたべたになりませんでした。軽い乳液を塗ったようなしっとり感があります。

 

これ1本でモイスチャライザーとしても使用できるようですが、私はいつものスキンケアの後に使用しています。モロモロが出ないところが素晴らしいです。

上からリキッドファンデーションをのせても、この日焼け止めが邪魔することなく使用することができます。

 

マイナス点は、首に塗ると髪の毛がべたっと固まりかけてしまいます。髪の毛が首にかかる人はかなり気になるかと思います。どの日焼け止めもそんなもんかと思いますが、Blue Lizard Faceは特にそれをが気になりました。

 

総評

個人的には、SensitiveよりFaceの使用感の方が好みでした。

肌へはSensitiveの方が優しいはずですが、使用感だけで言ってしまうとFaceが勝ちます。

①比較的白浮きせず

②比較的テカらず

③比較的べたべたしにくい

という、相対的な感想ですが...。

そうは言っても、同じブランドから出ている姉妹品なので、使用感に関しては僅差と申し上げておきます。

 

ただ、Faceは美容成分が含まれていて、日焼け止めでスキンケアもできてしまうという何気に優れた製品なので、ミネラルの優しさをとるか、美容成分をとるか...もし私のようにSensitiveかFaceで迷っている方は、その点を考慮してみてください。

個人的には今年のベストサンスクリーンです。

 

定価 2,172円

全成分

(有効成分)オクティノクセイト、酸化亜鉛

ビーズワックス、C12-15安息香酸アルキルC13-14イソパラフィンカフェイン、カメリアシネシスリーフシクロメチコンカプリリルグリコール、クロルフェネシン、ヒアルロン酸、ラウレス-7ラウリルペグ/ PPG 18/18メチコン、フェノキシエタノール、ポリアクリルアミド精製水、トコフェロールアクテート

jp.iherb.com