とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

混ぜて焼くだけのピーナッツバターグラノーラ

はちみつナッツを作るために買ったナッツがたくさんあるので、ずっと作ってみたかったグラノーラを作ってみました。

最初はグラノーラ”バー”にする予定だったのですが、固まらず失敗。普通のグラノーラにしました。

 

材料

・こちらの記事のナッツ一式 適量

www.toranosu.net



・ロールドオーツ 適量

jp.iherb.com


グルテンフリーのロールドオーツです。量が多いので保管用の容器の準備をお忘れなく。

 

・はちみつ

jp.iherb.com

 

・ピーナッツバター

jp.iherb.com


ほんのり甘くて、塩っけが強い理想のピーナッツバターです。甘いピーナッツバターが好きではないので、このピーナッツバターはピーナッツの良い香りと味がして美味しい。クランチタイプもあります。

 

・ドライドクランベリー(もしくはお好きなドライフルーツ)

jp.iherb.com

 

・シナモンパウダー(お好みで)

 

作り方

1.器を用意します。私はロールケーキ型で焼きました。

 

 

2.ナッツを適量とって棒で砕きます。(フードプロセッサー買お)

 

3.砕いたナッツとロールドオーツを、ロールケーキ型に敷き詰めます。ここで量を調節すればなんとかなります。

 

 

4.固まっているタイプのはちみつなので、レンジで10秒ほどチンして溶かして、ピーナッツバターと混ぜてゆるい液体を作ります。

 

f:id:anthy_p:20170723150026j:plain

こんな感じ

 

はちみつはティースプーンに山盛りのかたまり4杯、ピーナッツバターは山盛りのかたまり3杯くらい入れました。これくらいだとほんのり甘いだけなので、甘いのが好きな方はもっと入れたら良いです。

 

5.はちみつとピーナッツバターの液体を、ナッツとロールドオーツに流し入れてまんべんなく混ぜ合わせます。ちょっと混ざったところでお好みでシナモンパウダーを入れます。

 

f:id:anthy_p:20170723145932j:plain

こうなりました

 

6.きれいに混ぜ合わさったら平らに敷き詰めて、160度のオーブンで20分焼きます。

10分たったらオーブンを開けてかき混ぜて、全体に火が通るようにします。

 

7.焼きあがり。ピーナッツバターの良いにおいが際立ちます。

 

f:id:anthy_p:20170723150500j:plain

 

8.粗熱がとれたら、粗くチョップしたクランベリーを投入して混ぜます。

 

9.出来上がり!密閉ビンに入れて保存しましょう。

 

f:id:anthy_p:20170723150721j:plain

 

ボルミオリ・ロッコの750mlの瓶でぴったりでした。

ただしこちらの瓶、パッキンがシリコンではなくゴムなので、ちょっと扱いに気を使います。

 

 

2週間くらい保存できるみたいです。

牛乳が切れていたのでヨーグルトと食べてみましたが、ザクザクした歯ごたえと、ほんのりとした甘さでとても美味しかったです。

 

今度はメープルシロップで作ってみようと思います。

 

◆追記◆

メープルシロップで作ってみました。

ピーナッツバターとはちみつの代わりに、白ゴマ油とメープルシロップ、砕いたバナナチップスを加えると、ふわふわサクサクの美味しいグラノーラになりました。

 

使用したメープルシロップはこちら

jp.iherb.com


このメープルシロップは、ケンタッキーのビスケットに付いてくる馴染みのある甘~いメープルシロップではなく、100%オーガニックの本物のメープルシロップです。

思ったより甘みが薄く、サラサラしていて、どこか香ばしく、メープルの主張も激しくなく、良い意味で癖がないメープルシロップです。そのため、使うときは気持ち多めに入れた方が良さそうです。

「本当のメープルシロップってこういう味なのか~!」と、メープルシロップ大国カナダに2度も行っておきながら今回初めて知りました。

 

使用したバナナチップスはこちら

jp.iherb.com

 

結構甘みの強いバナナチップスです。やわらかかったり固かったりいろいろでした。個人的にはカルディのさくさくバナナチップスの方が好みでした。

 

混ぜて焼くだけで簡単に食物繊維とナッツの栄養たっぷりの朝ごはん/おやつができます。めちゃくちゃ腹持ちが良いし、美味しいのでおすすめです。