とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

スウェーデンとフィンランド+エストニアに言った時の話(スウェーデン編)

2014年の夏、ツアーパッケージで実母とスウェーデン、フィンランドとエストニアはタリンに行きました。

 

北欧は夏も長袖がいるくらい寒いなんて言われていますが、我々が訪れた年は珍しくかなりホットな夏(現地民にとって)だったようで、滞在中小雨が数分降ったくらいでずっと良い天気でした。

日陰に入るとさすがに肌寒かったですが、理想的な旅行日和でした。お天道様に感謝です。

 

北欧の国々はやはり北欧雑貨・デザインで、超人気の観光地ですよね。行って見て理由がわかりました。もちろん目に入るものなんでも可愛いのですが、それだけでなく、とても安全で、人も優しく、穏やかなところでした。

 

 

もうあまり覚えていないのですが、行ったところをつらつらっと記憶をたどって書いていこうと思います。

 

フィンエアーでの旅

f:id:anthy_p:20170727224125j:plain

 

行きも帰りもフィンランド航空でした。乗り心地がよかったです。

私の通路についてくれたCAさんはとても感じが良く、今まで見て来た中でも珍しいタイプのCAさん(見た目が)で、強い印象が残っています。逆に、母の通路についていたCAさんに母は怒っていました...。

 

フィンエアーでフィンランドに着いて、すぐにスウェーデンはストックホルムに空路で移動します。

ストックホルムは、北欧を代表する世界都市とされ、"森と湖の国"とも呼ばれる水の都です。

 

f:id:anthy_p:20170727224121j:plain

宿泊したホテル

 

f:id:anthy_p:20170727224124j:plain

 

こちらは宿泊したホテルのエレベーター。昔ながらの古いタイプで、扉を自分で開け閉めするちょっとスリリングなエレベーターでした。装飾が美しい。

ちなみに、ホテルの受付の男の子がかなり美形でした。

 

f:id:anthy_p:20170727224123j:plain

夕食。いもいも

 

f:id:anthy_p:20170727224122j:plain

ホテルの朝食。穴の空いたチーズを必ず食べるのが私の中の正義です。

 

 

f:id:anthy_p:20170727231159j:plain

 

バスで高いところに登ると、街を一望できます。向こうに遊園地のようなものが見えます。水の都感。

 

旧市街 ガムラ・スタン

f:id:anthy_p:20170727232445j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224118j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224132j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224112j:plain

 

13世紀に築かれた、ストックホルム発祥の地「ガムラ・スタン」ですが、セブンイレブンやベン&ジェリーズの看板が見えたり、近代的な親しみも感じます。

道が狭いせいか、すごい人ごみでした。

 

f:id:anthy_p:20170727224117j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224119j:plain

 

定番の北欧雑貨屋さんも何店舗か見つけました。見てるだけで心が躍りますね。なぜ北欧雑貨はここまで人の心を射止めるのでしょうか。

あとは意外にも、日本の漫画が販売されているなんともオタクなお店もありました。

 

ストックホルム市庁舎

f:id:anthy_p:20170727224120j:plain

 

ノーベル賞の晩餐会が行われることで大変有名な、ストックホルム市庁舎です。

ここを世界の頭脳が通ったんだな...と思うとなんだかすごいですね。とても広いところです。中へは有料でガイドツアーがあるそうですが、ツアーに盛り込まれていなかったため見ることができませんでした。

 

ユニバッケン

f:id:anthy_p:20170727224115j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224116j:plain

  

www.junibacken.se

 

バルブロ・リンドグレーンの世界の、こどものテーマパークのような場所です。こどもが目を輝かせること間違いなしの場所、絵本やおもちゃなどのお土産屋さんもものすごく充実しています。

こどもを連れて遊びに行きたい場所です。大きい大人だけでははしゃぐにはしゃげませんでした。

ここで買った木製のコースターは愛用しています。

 

 

どこか忘れたのですが、ちょうど8月のいい時期だったので、プライド期間だったようで、歩いているとレインボーを見かけることがありました。

 

f:id:anthy_p:20170727224131j:plain

 

アイスクリーム屋さんに可愛いクマちゃんもいました。

 

f:id:anthy_p:20170727224130j:plain

家に連れて帰りたい

 

ハイストリートに出るとかなり近代的でした。さすが北欧を代表する世界都市。

 

f:id:anthy_p:20170727224113j:plain

 

残念ながら素通りするだけでしたが、北欧は物価が高い国なので、行ったとしてもたぶん何も買わなかっただろうな...。

 

 

この後空路でフィンランドに移動します。記憶が薄くてあまり濃いことがかけない。

フィンランド+エストニア編は後日アップします。

 

おまけ

f:id:anthy_p:20170727224133j:plain

 

ホテルの窓から見えた景色。ここはファンタジーか?向かいの窓にイケメンの幼馴染が住んでいる設定を健全な女子なら想像するはずだ。

 

 ◎続き◎

www.toranosu.net