とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

スウェーデンとフィンランド+エストニアに言った時の話(フィンランド編①)

続きです。

 

www.toranosu.net

 

さて、フィンランドといえば、何と言ってもムーミンの故郷。

私が訪れた年が、ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年か何かだったらしく、なんか色々あったようでした。(特に何か見られたわけではない)

 

フィンランドはヘルシンキ、高いビルは少なくて大都市!という感じではないものの、街中には緑がたくさんあって、とてもきれいな街並みでした。

お店が揃うハイストリートはお金持ちな印象を受けました。マリメッコとかイッタラなど有名ブランドの店舗もあって、とても興奮したことを覚えています。

値札を見てため息を何回ついたことか...。

 

f:id:anthy_p:20170727224042j:plain

イッタラの店内。高額なガラスのオブジェとかも売られていました

 

 

この建物、何か分かりますでしょうか。

 

f:id:anthy_p:20170727224059j:plain

 

なんと、教会です。変わった形ですよね。

中はかなり荘厳な感じで、新しくてきれいでした。これが北欧デザインなのか...と印象に残る建築物です。

 

f:id:anthy_p:20170727224100j:plain

ヘルシンキ中央駅

 

f:id:anthy_p:20170727224101j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224128j:plain

 

こちらはヘルシンキ現代美術館です。

私、芸術はよくわからないですが、展示物が全体的にかなりおしゃれな感じでした。蝋か何かでできた大きなバラの絵はかなり素敵でした。1階がカフェになっています。

 

f:id:anthy_p:20170727224102j:plain

 

こちらは元老院広場です。良い天気で若い人たちが階段でたむろっているのが何とも海外らしいと思いました。

真ん中のアレクサンドル2世の像の頭にカモメがとまっているのを見られるとラッキーということで、写真では収められませんでしたが見ることができましたよ!

 

やっぱり見逃せないスーパーマーケット

どこの国に行ってもスーパーは欠かすことのできない名所。フィンランドのスーパーも例に漏れず楽しかったことを覚えています。

 

f:id:anthy_p:20170727224056j:plain

 

冷凍ザリガニ!ザリガニを食べるのは知っていましたが、こういうふうに売られていると美味しそうに見えます。食べてみたい。

 

f:id:anthy_p:20170727224127j:plain

 

フィンランドのビール『KARHU』です。クマのデザインがかわいい。写真は瓶ですが、缶も売っています。

 

f:id:anthy_p:20170727224111j:plain

 

このチューブは、北欧諸国では一般的な、魚卵のペーストだそうです。パンに塗ったりパスタにかけたり、便利な魚卵チューブ。

色々な味があって、日本で言うふりかけみたいなものなのでしょうか。買わずに帰国したことが悔やまれます。

 

f:id:anthy_p:20170727224057j:plain

 

桃が平べったい。

 

f:id:anthy_p:20170727224129j:plain

 

これはヘルシンキ市内ではないのですが、あの魔の食品『サルミアッキ』入りのアイスです。このCLASSICシリーズのアイスは美味しかったので滞在中何度か食べましたが、このサルミアッキ味はやばかったです。

サルミアッキがネタにされているのは何度かみたことがあるので、絶対食べたいと思っていましたがこれ本当にキツイ。

 

アイスはまだバニラ味がサルミアッキ味を優しく包んでくれるのですが、アソートガムにサルミアッキが入っているともう大変でした。私の兄に与えたら吐き捨てていました。

サルミアッキ味だけが入ったガムもあって、誰が買うんだろうコレと思っていましたが、サルミアッキはフィンランド国民の味……。地元民には人気があるんだなあと思いました。

 

シナモンロールが激ウマ

北欧で代表するパンといえばシナモンロールだと思います。正直、私フィンランドでシナモンロールを食べるまで、シナモン自体があまり得意ではなかったのですが、シナモンロールってこんなに美味しいんだ!と、フィンランドで気づかせてもらいました。

 

f:id:anthy_p:20170727224043j:plain

 

Café Esplanad

公園の中にあるカフェです。シナモンロールが美味しいと聞いて行ってみました。普通に美味しかったです。人気のカフェのようで混んでいました。

 

 

 

f:id:anthy_p:20170727224055j:plain

 

これはどこだったかなあ...ナプキンにFazerの文字が隠れている気がするので、Fazer Cafeの写真だと思うのですが、ショッピングモールの3階くらいにあるカフェでした。

この写真にあるシナモンロールはもちろん、デニッシュもめちゃくちゃ美味しかったのです。このカフェがかなり気に入ったのですが、場所と名前が思い出せない!

ちなみにこのお盆に乗っている3点だけでかなり高かった記憶があります。物価が高くて恐ろしい...。

 

自分でもフィンランドで食べた様な美味しいシナモンロールが焼きたいけど、なかなかうまくできないもんです...。もっと練習しよう。

 

みんな大好きムーミンマーイルマ

moomin maailma=moomin world

ということで、ムーミンワールドにも行ったのです!

 

日本にもムーミンのテーマパークができるということで話題になっていますが、一体どういう感じの施設になるのでしょうか。

ムーミンの故郷フィンランドにある本家ムーミンワールドは、何ともキッズフレンドリーなおとぎの国でした。

 

f:id:anthy_p:20170727224109j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224110j:plain

 

バスから降りて入り口まで結構歩きます。

道端にワイルドストロベリーが自生していて、ガイドさんに食べていいよと言われたので食べました。美味しかったです。

 

f:id:anthy_p:20170727224108j:plain

 

チケットです。日本語のパンフレットがあります。

 

入場してすぐに、ムーミンのきぐるみショーが始まるところだったので乗り込んできました。ガラガラでした。

音声はフィンランド語で、壁に小さな電光掲示板が付いていて、そこに英語字幕が付くというものでした。ちなみにストーリーはよくわかりませんでした。

 

本家ムーミンの声が低すぎて意外でした。高山みなみ氏の声を想像して行くとびっくりします。中年男性のような渋くて低~い声をしています。知ってましたか!?

 

f:id:anthy_p:20170727224107j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224105j:plain

 

こういうふうに、ワールドの所々の装飾がかわいくて、森の中を歩いていると、スナフキンが子どもたちに本の読み聞かせをしていたり、ミイがダンスパーティーを開いていたり、ローカルのテーマパークのようなこぢんまりとした、のほほんとしたところでした。

 

f:id:anthy_p:20170727224104j:plain

お土産屋さん

 

f:id:anthy_p:20170727224103j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224106j:plain

 

食堂はバイキング形式でした。(味は期待してはいけない)ナプキンが可愛すぎる!

 

ムーミンの家とかも装飾が凝っていて楽しかったです。

ただ、全てが子どもサイズで、12,3歳くらいまでの子どもが楽しめる、ファミリー向けのテーマパークでした。ムーミンの家が階段続きで、体の大きい大人だと結構大変です。

でも世界観がしっかりしていて、本当に森に迷い込んだかのような非日常感が味わえます。歩いているとそこら中でリアルタイムイベントが発生してるので楽しかったです。

日本のムーミンワールドができるのもとても楽しみですね~!

 

 

 写真が多くて長くなってしまいました。

『フィンランド編②+エストニア編』に続くと思います。