とらのす -レビューと時々日記とか-

主に化粧品のレビューや日常のことなど、雑多に素直に書いております。

スウェーデンとフィンランド+エストニアに行った時の話(エストニア+フィンランド編②)

 スウェーデンとフィンランド+エストニアの最終話(?)です。

 

www.toranosu.net

www.toranosu.net

 

フェリーでバルト海峡を渡る

f:id:anthy_p:20170727224053j:plain

 

フィンランドを満喫した後は、フェリーでバルト海峡を渡り、エストニアはタリンへ出発しました。

 

f:id:anthy_p:20170727224054j:plain

 

そんなに大きくないフェリーです。バンクーバー・ビクトリア間を走っているフェリーのような設備の良いフェリーではありませぬ。

 

f:id:anthy_p:20170727224052j:plain

 

船内の様子。結構人でいっぱいだった記憶があります。約2時間で到着します。

 

 タリンで訪れた場所は...

 

タリン合唱祭広場

f:id:anthy_p:20170727224051j:plain

 

 だだっ広ーーーーい広場。音楽祭が開かれるということで有名なコンサート場でもあるそうです。フェスとかやるんでしょうか...。ものすごく広いので、かなり収容人数が多そう。

上の像が見つめる先には、立派な作りの舞台が備え付けられています。

 

ラエコヤ広場

f:id:anthy_p:20170727224126j:plain

 

いい時期に訪れたので、すごい観光客でした。

ラエコヤ広場は、商業の中心地でもあり、処刑が行われたこともある場でもあり、メルヘンな見た目に反してなかなか深いものを持ってそうな場所です。

 

ツアーで訪れたのであたりまえなのですが、タリンの印象は正直『観光客向けすぎる』印象がありました。

私が個人的に旅行に行く際は、なるべく観光客に知名度が高くない、地元の人に愛されるようなお店を選んで乗り込むのですが、ラエコヤ広場にあるところはどこも観光観光していて少し萎縮してしまいました。

金持ってそうな日本人はギラギラした目で見られたような...考えすぎ?

 

しかし、美しい街並みであることには変わりません。

 

市議会薬局

f:id:anthy_p:20170727224046j:plain

 

 ラコエヤ広場のすぐ近く、ヨーロッパ最古の薬局の一つである市議会薬局です。

ここは心躍りました!人が多くて、一列になって見学していくスタイルで、あまりゆっくり見ることができませんでしたが、ファンタジーゲームに出てくるようなアイテムがたくさん...!タリンはここが一番楽しかったです!

上の写真なんて、ポーションとエーテル的なものにしかみえません!ファンタジー好きにはたまらない場所だと思います。

 

こちらは博物館でもなんでもなく、普通に営業している薬局だそうなので、調合薬を買えたりするそうですよ。

その他いろいろ歩きました。

f:id:anthy_p:20170727224050j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224049j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224045j:plain

 

周辺を歩いていると、ある曲の短いワンフレーズのみを延々と歌っている若い少年のストリートライブがあって、「フルで歌えよ!」と突っ込んだのは私だけではないはず。何度通っても同じところ歌ってるんだもん...。

 

f:id:anthy_p:20170727224047j:plain

 

f:id:anthy_p:20170727224048j:plain

 

レストランなどが並ぶ小道を抜けて、小高いところに行くと、街を一面に見下ろせる高所にでることができます。おとぎ話の世界のような風景です。

 

写真を撮っている人でごった返していて、ものすごく自分の鞄を警戒したのを覚えています。人口密度が半端じゃなかった...!身動きできないほどでした。

無事スられることはありませんでしたが、結構怖かったです。スリってわざとらしく体を寄せて手を突っ込んでくようなので、変に自分に近づいてくる人は要注意ですよ!

 

再びヘルシンキに戻る

さてさて、タリンは短い滞在時間で日帰りだったため、すぐフェリーでヘルシンキに戻り、最終日までヘルシンキで滞在しました。

 

カウッパトリ(屋外マーケット)

f:id:anthy_p:20170727224044j:plain

 

港の広場に、屋外マーケットが開催されています。

ハンドクラフト品や野菜と果物、多国籍な料理など、なかなか楽しいマーケットでした。私は料理につかう木べらを購入しました。今やボロボロです。

 

ガイドさんに事前に注意を受けたのですが、ここにはかなりスリやひったくりが多く潜伏しているとのこと。ただ、実際行ってみると全く危険な雰囲気はなかったのですが、警戒するに越したことはないですね。

 

かなり開けた場所で、思ったほど人が多い訳でもなく、ゆっくり見て周ることができました。海の方をみると観覧車があったり、ヨットが停まっていたり。とても楽しめました。もうちょっと滞在時間が長ければいろいろ買って食べ比べしたかったな~!

 

帰路

帰りはヘルシンキ空港からでした。

やっぱりそこにいる、ムーミンとスナフキン。

 

f:id:anthy_p:20170727224041j:plain

 

 

パッケージツアーだったので、自分で旅程を作ったわけではないせいか行った場所や記憶がかなりあいまいで、非常にアバウトすぎるシリーズ3記事になりました。

 

現在北欧と言うと、移民問題でいろいろ問題が起こっていたり、私の中で平和なイメージが一転してしまいました。日本も例外ではないですが、ヨーロッパ諸国も複雑で大変ですね。事態が良くなることを祈っています。

 

 

北欧といえば、来年の頭に、ノルウェー人のメル友が日本に語学留学に来る予定です。

 

www.toranosu.net

 

日本滞在を全力で楽しんでほしいです!!!